1997年05月01日

米国公的年金改革の動向

文字サイズ

先般の米国連邦社会保障諮問委員会による最終答申では、公的年金の長期財政問題に焦点が当てられ、(1)積立金の株式運用、(2)個人別勘定の導入、(3)一部民営化を、それぞれ軸とする3つの改革案が示された。社会保障、財政構造改革が課題になっている、わが国への影響を考えると、今後の動向が注目される。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【米国公的年金改革の動向】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国公的年金改革の動向のレポート Topへ