1997年04月01日

店頭株式市場の特色

文字サイズ

新規公開企業の増加により拡大を続けている店頭株式市場は、公開基準の緩和(店頭特則市場の発足)や、一部証券会社の売買委託手数料引き下げなど、注目度が高まっている。一方で、市場の流動性や情報開示の問題など、年金資金の運用には不十分な点も多く指摘されている。そこで、店頭市場の現状を探り運用戦略を考える。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【店頭株式市場の特色】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

店頭株式市場の特色のレポート Topへ