1997年03月25日

日本経済の中期見通し

文字サイズ

■目次

高齢化迫る日本経済
経済の現状と政策課題
中期的見通し
財政・金融政策の前提
高止まりする失業率
結び

■introduction

我が国は予想を上回る高齢化の途上にある。また、経済は回復力が弱い状況が続いている。本予測では2001年度までを対象としたが、この5年間は、(1)高齢化時代に備えた各種の改革を進める、(2)バブル崩壊の後遺症克服を図る-ための、今後の日本経済の帰すうを左右する正念場の時期となろう。実質成長率は構造改革途上の中、平均1.6%と潜在成長力とみられる2%台半ばを下回ろう。最初に長期的な高齢化問題を展望し、経済の現状を踏まえた上で中期的動向を展望したい。

レポート

アクセスランキング

【日本経済の中期見通し】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

日本経済の中期見通しのレポート Topへ