1997年03月25日

情報化によるビジネス変化の方向性

  加藤 伸二

文字サイズ

■目次

はじめに
I. 情報化時代の本質
II. 情報化によるビジネス変化の方向性
III. おわりに~電子商取引に向けて

■introduction

昨今の情報社会を表すキーワードの一つとして「エレクトロニック・コマース」(EC、電子商取引)が挙げられる。通産省のEC実証実験は100億円プロジェクトとして話題になったが、共通の基盤作りがようやく始まったばかりである。また、2年前からインターネット上に続々とオープンしたバーチャルモールと呼ばれる仮想商店街は、商品販売が軌道に乗らず、実験計画を再検討しているところが多い。
ECという言葉も一年前に比べれば少しヒートダウンした感が強い。ECについては、インターネット上の決済システムやセキュリティといった技術的な可能性が盛んに論じられており、最も肝心な「商取引」「ビジネス」がどのように変わっていくかという側面からの議論がなされていないのが現状である。ここでは電子商取引の具体的な課題よりも、そのベースとなる情報化によるビジネス変化の方向性について検討する。

このレポートの関連カテゴリ

加藤 伸二

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【情報化によるビジネス変化の方向性】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

情報化によるビジネス変化の方向性のレポート Topへ