1997年03月25日

離陸期を迎えるモバイルデータ通信

  吉久 雄司

文字サイズ

■目次

I. 世界トップレベルに達した移動電話普及率
II. 需要高まるモバイルデータ通信
III.期待される移動通信分野の国際競争力向上

■introduction

移動電話(携帯電話・PHS)の急速な普及が続いている。96年末の加入数は前年比166%増の2311万台(携帯電話1817万台、PHS494万台)に達し、人口普及率も18%を突破し米国を上回った見込みである。成長の最大の牽引力は端末価格や新規加入料、通話料の大幅な低下だが、96年末から97年初には新規加入料が無料化され、96年度末には加入数2500万台、人口普及率20%が確実となっている。
またわが国ではデジタル方式の加入率が急伸しており、米国などと比べてデジタル化率が高くなっていることも注目される。これはアナログ携帯電話の加入容量が限界となったことと、もともとデジタル方式であるPHSの普及に起因するが、データ通信速度が速く音声通話以外の応用用途が広いデジタル方式の比率が8割強に高まったことで、わが国は質・量双方の面で世界最高水準の移動通信先進国となった。

このレポートの関連カテゴリ

吉久 雄司

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【離陸期を迎えるモバイルデータ通信】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

離陸期を迎えるモバイルデータ通信のレポート Topへ