1997年02月01日

国際分散投資(3)-グローバル債券投資

文字サイズ

前回までは、国際分散投資による、ポートフォリオのリスク・リターン改善を見た。今回は、債券のリスク特性と為替の関係を踏まえ、最近、一部に国内債をベンチマークに採用する動きもある外国債券の位置づけについて、改めて取り上げたい。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【国際分散投資(3)-グローバル債券投資】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

国際分散投資(3)-グローバル債券投資のレポート Topへ