1997年02月01日

予定利率の弾力化への対応

文字サイズ

一連の厚生年金基金の規制緩和策の1つとして、予定利率の弾力化の方針が出された。基金は、年金数理人の助言を参考に、実情に合った利率を選択可能になるが、どのような考え方を基本にすれば良いのか、具体的メニュ-は示されてない。そこで、米国における予定利率決定方法を、参考のために紹介したい。

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【予定利率の弾力化への対応】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

予定利率の弾力化への対応のレポート Topへ