1996年10月01日

年金基金から見たポートフォリオ最適化の限界

文字サイズ

モダンポートフォリオ理論は、資産運用の意思決定において、重要な役割を演じている。特に、ノーベル賞学者マーコビッツが提唱した「平均・分散アプローチ(ポートフォリオ最適化)」は、年金基金が長期基本ポートフォリオを策定する際に、主要な方法論となっている。しかし、このアプローチを年金資産運用に用いる問題点を指摘しておきしたい。

レポート

アクセスランキング

【年金基金から見たポートフォリオ最適化の限界】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

年金基金から見たポートフォリオ最適化の限界のレポート Topへ