1996年09月01日

受託者責任を考えるヒント -米国エリサ法に学ぶ(3)

企業年金 などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

企業年金の資産運用規制の緩和、撤廃に関連して、エリサ法が定めるようなプルーデント・マン・ルールを確立することの必要性が主張されている。今回は、受託者の注意義務に関する規範であるプルーデント・マン・ルールにつき、歴史的経緯を踏まえて説明する。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【受託者責任を考えるヒント -米国エリサ法に学ぶ(3)】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

受託者責任を考えるヒント -米国エリサ法に学ぶ(3)のレポート Topへ