1996年06月01日

米国ティーンプレグナンシー事構

  熊坂 有三

文字サイズ

■見出し

1.老人の貧困から子供の貧困へ
2.人生の悪循環
3.困難な福祉制度改革
4.男の責任は?
5.難しい解決策

■introduction

現在米国では毎年100万人以上の10代の少女が妊娠し、50万人以上の赤ん坊を生んでいる。米国はかつて“老人の貧困”問題を社会保障制度、メディケアーなどの医療制度改革で対処してきたが、今は少女(18才未満)の未婚の母の増大による“子供の貧困”問題を福祉制度の改革で解決せざるをえなくなっている。しかし、福祉制度改革の必要性に関する合意は人々の間であっても、如何にそれを行うかとなると人々、議会、政府の間に合意はない。
まず最初に、1996年3月にDemocratic Leadership-Councilが発表した“Reducing Teenage Pregnancy”のハンドブックとPlanned Parenthood Federation of America,I nc.の調査結果から米国のティーンプレグナンシーの実態をみてみよう。

このレポートの関連カテゴリ

熊坂 有三

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【米国ティーンプレグナンシー事構】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

米国ティーンプレグナンシー事構のレポート Topへ