1996年03月01日

経済の動き

文字サイズ

I.海外経済

  1. 米国経済~景気減速下、一段の金融緩和ヘ
    (1)景気~95年10-12月期は前期比、96年1-3月期ともに低成長
    (2)物価動向~安定基調が持続
    (3)金融政策・金利~一段の利下げへ
  2. 欧州経済
    (1)ドイツ経済~景気低迷下、雇用を巡る議論が活発化く
    (2)イギリス経済~最気回復の兆し、インフレ率落ち着く
  3. アジア経済
    (1)概況
    (2)台湾経済~注目される政治動向
  4. 為替~米国株高・債権高、マルクとの連れ安から円安で推移
    (1)最近の動向と当面の見通し
    (2)ソロス氏の円安論~幅をもって解釈する必要あり

II.日本経済

  1. 経済動向~「緩やかな回復傾向」への復帰
    (1)景気の現状
    (2)生産、在庫および設備の動向
  2. 金融動向~当局の景況判断は改善方向、長期金利はやや強含み圏
    (1)短期金利~短期金利は当面、低め誘導継続
    (2)長期金利景気改善の中強含み圏

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【経済の動き】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

経済の動きのレポート Topへ