1995年12月01日

経済の動き

文字サイズ

I.海外経済

  1. 米国経済~景気拡大テンポは鈍化、96年上期にかけ追加利下げへ
    (1)景気~7-9月期は高成長となったが、10-12月期以降は鈍化へ
    (2)物価動向
    (3)金融政策・金利
  2. 欧州経済
    (1)ドイツ経済~生産拡大ペースの鈍化続く
    (2)イギリス経済~持続可能な安定成長へ移行
    (3)フランス~注目される財政赤字削減の行方、通貨混乱の恐れも
  3. アジア経済
    (1)アジア経済の概況
    (2)中国経済~成長の鈍化
  4. 為替~マルク高持続の中、円安気味の展開
    (1)9月末以降、100円近辺の落ち着いた推移
    (2)足もと円安気味の展開~対ドル、対マルクともやや円安の展開

II.日本経済

  1. 経済動向~景気は調整局面
    (1)景気の現状、今後の見通し
    (2)GDP統計の基準改訂(85⇒90年)について
    (3)貿易動向と円高修正の影響
  2. 金融動向~短期金利に上昇圧力
    (1)信用リスクを反映~ジャパンプレミアムも影響
    (2)国内マネーフローの変化と公的金融

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【経済の動き】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

経済の動きのレポート Topへ