1995年09月01日

経済の動き

文字サイズ

I.海外経済

  1. 米国経済~可能性高まるソフトランディング
    (1)景気の現状および今後の見通し
    (2)物価動向
    (3)金融政策・金利
  2. ドイツ経済~95年上期、緩やかに成長率鈍化
    (1)景気:個人消費立ち直りが安定成長維持の鍵く
    (2)金融~政策金利は当面据え置き
  3. イギリス経済~持続可能な安定成長へと軟着陸
    (1)景気~設備投資主義で安定成長の持続く
    (2)インフレ~川上部門の圧力が川下部門に波及
    (3)金融政策・為替~当面見送られるものの利上げの可能性残る
  4. 為替~足もと、円高ドル安一服の展開
    (1)最近の動向~7/7の日米協調介入後、足もと80円台後半で推移
    (2)7/7の日米協調介入について~意外感から介入効果は大

II.日本経済

  1. 経済動向~高まる景気腰折れ懸念
    (1)景気の現状~足踏み状況を継続
    (2)今後の見通~景気は腰折れリスク高まる
  2. 金融~金利は利下げ期待の中、弱含み横這い圏
    (1)短期金利の低め誘導が開始
    (2)金融調節~短期金利低め誘導と日銀貸出

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【経済の動き】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

経済の動きのレポート Topへ