1995年09月01日

カナダ金融システムの安全性・健全性向上に向けた制度改革の動きについて

  清水 敬

文字サイズ

■見出し

1.はじめに
2.連邦政府ホワイトペーパーについて
3.おわりに

■introduction

カナダの金融制度改革は1992年6月の銀行・信託会社・保険会社の業法改正で金融業界の相互参入が自由化されたことに伴い、業際問題については一段落しているが、現在それとは異なった視点での制度改革が新しく進められている。その視点とは金融システムの安全性・健全性をいかに高めていくかというものである。本稿では、本年2月、カナダ大蔵省が発表した政府プロポーザル「Enhancing the Safety and Soundness of the Canadian Financial System」(通称ホワイトペーパー)の内容を中心に、カナダにおける金融システムの安全性・健全性向上に向けた最近の制度改革の動きについてご紹介することとしたい。

このレポートの関連カテゴリ

清水 敬

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【カナダ金融システムの安全性・健全性向上に向けた制度改革の動きについて】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

カナダ金融システムの安全性・健全性向上に向けた制度改革の動きについてのレポート Topへ