1995年06月01日

経済の動き

文字サイズ

I.海外経済

  1. 米国経済~景気は軟着陸へ、ただし下振れリスクも
    (1)景気全般~減95年1-3月期の実質GDP成長率は2.8%に減速
    (2)物価動向~今後緩やかに上昇するものの、年央が上昇のピーク
    (3)金融政策・金利~景気減速を受けて、政策金利は据え置き

  2. ドイツ経済~強まるマルク高懸念
    (1)景気~マルク高の影響顕在化は96年以降?
    (2)金融・為替~現状の金融政策を維持
  3. イギリス経済~当局の懸念要因はポンド安
    (1)景気~第安定成長へのペースダウンが明確化
    (2)インフレ~コスト上昇はあるが、インフレ高進の公算は小さい
    (3)金融政策・為替~インフレ・ポンド安対策として利上げの可能性
  4. 為替~米景気の下振れによる円高リスクに注視
    (1)為替の推移~強い円高圧力
    (2)為替レートの水準~従来のパターンからみれば、円高はオーバーシュート

II.日本経済

  1. 経済動向~円高持続により先行き不透明感強まる
    (1)国内経済の概況
    (2)円高の影響が懸念される外需と民間設備投資
  2. 金融動向~第8次利下げが実施、金利は当面弱含み横這い圏
    (1)円高、株安下で金利は急低下、公定歩合は史上最低の1%に
    (2)当面金利は弱含み横這い圏~「93年暮れから94年春の金利反転上昇期」とは異なる状況

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【経済の動き】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

経済の動きのレポート Topへ