1995年04月01日

経済の動き

文字サイズ

I.海外経済

  1. 米国経済~拡大テンポは鈍化するも、物価上昇から追加利上げ
    (1)景気全般~減速の兆し、しかし上期までは拡大基調続く
    (2)物価動向~緩やかながら騰勢傾向へ
    (3)金融政策・金利~上期に一段の追加利上げ
  2. ドイツ経済~年後半金融引き締めへ転換
    (1)回復遅れる個人消費
    (2)95年の設備投資は3年振りの前年比プラスに
    (3)堅調期待される輸出
    (4)金融政策~年後半金融引き締めへ転換
  3. イギリス経済~インフレ圧力払拭のため上期中に追加利上げ
    (1)3%程度の安定成長へペースダウン
    (2)じりじり高まるコスト・プレッシャー
    (3)金融政策・為替~インフレ圧力払拭のため追加利上げの可能性
  4. フランス~大統領選挙、混戦でフラン軟調続く
    (1)大統領選挙の実施方法
    (2)主な候補者の顔ぶれと表明した基本政策
    (3)世論調査の結果
    (4)バラデュール苦戦でフラン相場軟調続く

II.日本経済~力強さに欠ける景気回復、懸念される地震の影響

  1. 経済指標にみる景気の現状
    (1)個人消費~腰の弱い展開、1月は震災の影響も
    (2)住宅投資~依然高水準ながら、ピークアウトの兆し
    (3)設備投資~下げ止まり
    (4)公共投資~震災の復興対策から、やや増加
    (5)貿易~震災の影響で輸出は鈍化
    (6)生産・雇用~生産は一進一退の増加傾向、雇用は下げ止まりの兆し
    (7)物価~輸入物価に上昇みられるが、総じて安定
  2. 大震災の影響の試算
  3. 消費・所得を巡る動向
    (1)消費関連統計にみる昨年後半の動き~10-12月期は反落気味
    (2)雇用・所得環境~一部で改善傾向みられるも、足取りは鈍い
  4. 金融~色濃い震災の影響
    (1)長短金利
    (2)震災の影響

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【経済の動き】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

経済の動きのレポート Topへ