1995年04月01日

THE CITY OF LONDON - ヨーロッパの金融センター

  ジョン・ドウ

文字サイズ

■見出し

1.はじめに
2.ヨーロッパの金融の中心地ロンドン
3.シティの成功の鍵
4.英国の金融機関の地位
5.21世紀に向けて
6.結論

■introduction

ロンドンは世界最大の国際金融センターである。ニューヨーク、東京も巨大な国内資本市場を有するが、そこで行われる国際的な金融サービスの規模という点からみれば、ロンドンを凌ぐものはない。

欧州内で比較しても、ロンドン市場の規模は他を圧倒している。しかし、国内市場としては最大、国際金融サービスに関しても独占状態というロンドンの地位は、将来も保証されているわけではない。東欧諸国のEU(欧州連合)への加盟、市場統合に伴う投資サービス指令の実施、通貨統合への動きなどが、ロンドンの金融センターとしての独占的な地位を脅かす可能性がある。また、通信技術の発達により、「金融市場」という概念自体が時代遅れとなっていくかもしれない。

本論では、ロンドンが欧州最大の金融センターとしての地位を築いてきた背景について触れた後、今後それを脅かす可能性のある問題に言及する。

このレポートの関連カテゴリ

ジョン・ドウ

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【THE CITY OF LONDON - ヨーロッパの金融センター】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

THE CITY OF LONDON - ヨーロッパの金融センターのレポート Topへ