1994年11月01日

1994年度改訂経済見通し

保険・年金・社会保障経済・金融・不動産暮らし・高齢社会経営・ビジネス などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

<要旨>

以下は「1994年度改定経済見通し」(7/8発表。以下、前回予測・前回)を日米両国について見直したものである。日本経済に関しては、9/21に発表された4-6月期の実質GDPは期末カサ上げ要因の剥落等から▲0.4%と前回予測通りの結果となった。7-9月期は前回をややよ回る状況にあり、94年度の実質GDP成長率も消費、住宅投資、輸出の修正から0.6%と小幅上方改定(前回:0.4%)した。なお、景気回復力は限られ、脆弱さを抱えた推移が避けられないとの基本認識に変更はない。

  1. 米国経済~可能性高いソフト・ランディング、インフレ動向は当面要警戒
  2. 日本経済~0.6%成長、期待しがたい一本調子の回復
twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【1994年度改訂経済見通し】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

1994年度改訂経済見通しのレポート Topへ