1994年07月01日

経済の動き

文字サイズ

  1. 米国経済~景気は拡大基調、金利は緩やかな上昇へ
    (1)景気全般~拡大基調が続く
    (2)物価~当面は安定基調、下期のインフレ率はやや上昇
    (3)金融~短期金利は引上げへ、長期金利は強含み
  2. ドイツ経済
    (1)景気(旧西独)~輸出主導の回復基調
    (2)物価~鈍化傾向
    (3)金融~緩和傾向が持続
  3. 日本経済~景気の基調は依然弱いが、底入れ時期は見極めにくい状況
    (1)93年10-12月期の「景気底入れ」は微妙
    (2)進まぬ企業の収益改善
    (3)設備投資の現状と見通し
    (4)消費の動向~やや明るい兆しも
    (5)製品輸入増加の背景
    (6)金融~不良債権が足枷に
    トピックス~消費者物価指数は本当に高い?

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【経済の動き】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

経済の動きのレポート Topへ