1994年06月01日

経済の動き

文字サイズ

  1. 米国経済~景気は拡大基調、長短金利は緩やかな上昇
    (1)景気全般~94年1Qは一時的に減速したが、94年全体では拡大基調が続く
    (2)物価~当面は安定基調、下期のインフレ率はやや上昇
    (3)金融~長短金利は緩やかな上昇へ
  2. イギリス経済~景気は好調ながら、増税実施に対し追加利下げへ
    (1)景気・物価
    (2)金融
  3. フランス経済~景気は回復傾向、金融政策はドイツ追随
  4. 日本経済~最近の指標改善は一時的
    (1)景気底入れは94年4-6月期以降
    (2)加工業種の在庫圧力強く、夏場に向けて減産圧力
    (3)鉱工業生産と景気動向指数からみた景気の谷の判断
    (4)輸出企業の価格転嫁動向~価格転嫁は進展
    (5)最近の消費者物価動向と公共料金引き下げの影響

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【経済の動き】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

経済の動きのレポート Topへ