1994年05月01日

経済の動き

文字サイズ

  1. 米国経済~景気は拡大基調、長短金利は緩やかな上昇へ
    (1)景気全般~拡大基調が続く
    (2)物価~インフレは顕在化していないが、賃金動向に注視
    (3)金融~長短金利は緩やかな上昇へ
    トピックス:米国の物価と金融政策
  2. ドイツ経済~景気は底這い、慎重な金融緩和が継続
    (1)景気(旧西独)~内需低迷で一進一退
    (2)物価~鈍化傾向
    (3)金融~慎重な金融緩和を継続
    (4)政治情勢~スーパー選挙年、高まるSPD支持率
  3. 日本経済~景気指標の改善は一時的で4-6月期は反落へ
    (1)景気の現状~年度末要因等から指標は上向くも、4-6月期には反落
    (2)足もとの景況感の悪化傾向にも歯止めが
    (3)設備投資は3年連続のマイナスへ
    (4)民間消費は「底入れ」したか
    (5)公的固定資本形成には失速の懸念
    (6)貿易黒字に再拡大の兆候
    (7)今後の景気に対する2つの懸念材料~円高と長期長期金利上昇

このレポートの関連カテゴリ

レポート

アクセスランキング

【経済の動き】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

経済の動きのレポート Topへ