1993年09月01日

カナダ連邦総選挙を巡る動き

  西山 均

文字サイズ

■見出し

1.はじめに
2.連邦議会下院選挙制度
3.マルルーニからキャンベルへ
4.世論調査動向
5.各党のプロフィール
6.選挙戦の焦点
7.今後の日程
8.おわりに

■はじめに

昨年の憲法改正論議に引続き、カナダの秋は今年も政治動向が、国内外の注目を集めることになるだろう。連邦議会下院(The House of Commons)の総選挙が予定されているからである。

本年2月のマルルーニ前首相の辞任表明を受けて、6月にカナタ史上初めての女性首相となったキャンベル氏が、1984年以来の進歩保守党(Progressive Conservative Party)による政権を守り、党首選期間中に発表した公約を実行に移していく機会を与えられるのか、それともキャンベル氏にとって首相職が単なる「サマー ジョブ」に終り、新政権が誕生するのか、大変興味深いところである。

本稿では、約5年振りに実施されるカナダ総選挙を巡る様々な動きを整理し、紹介したい。

このレポートの関連カテゴリ

西山 均

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【カナダ連邦総選挙を巡る動き】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

カナダ連邦総選挙を巡る動きのレポート Topへ