1993年02月01日

ルーマニア エコノミスト インタピュー

  (語り手)ダニエル ダイアヌ
  (語り手)コンスタンティン シュパージア 世界経済研究所 経済モデル部チーフ
  (聞き手)熊坂 有三

文字サイズ

■見出し

1.チャウシェスクの遺産
2.ルーマニア改革の特徴
3.ルーマニア経済の現状
4.ルーマニアの改革プログラム
5.挑戦と将来への期待
6.黒海周辺諸国の統合

■前文

市場経済への移行が比較的うまくいっている東欧諸国のひとつであるポーランドを1992年5月に訪れた後、9月に市場経済への移行が遅れているルーマニアを訪れた。何故ルーマニアの市場経済化がポーランド、ハンガリーに比べ遅れているのだろうか。更に、ルーマニア経済の現状と市場経済への改革の状況をルーマニアのエコノミストであるダニエル ダイアヌ氏とシュパージア氏に別々にインタビューをした後、質問の内容からひとつのインタビューの形にまとめた。(両氏へのインタビューは各々1992年9月18日、21日に行った。)

このレポートの関連カテゴリ

(語り手)ダニエル ダイアヌ

(語り手)コンスタンティン シュパージア 世界経済研究所 経済モデル部チーフ

(聞き手)熊坂 有三

レポート

アクセスランキング

【ルーマニア エコノミスト インタピュー】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ルーマニア エコノミスト インタピューのレポート Topへ