1990年11月01日

西独のオープンエンド型不動産投資信託につい

  木田 達也

文字サイズ

■見出し

1.はじめに
2.オープンエンド型不動産投資信託の概要
3.投信の規模
4.投資環境の変化への対応
5.おわりに

■はじめに

国内景気が堅調に推移する中で、西独の不動産市況も活況を呈している。フランクフルトやミュンへンでは、1986年から1989年の3年間にオフィスビルの賃貸料が70~80%の上昇を示す程である。

このような状況を背景に、西独では少額の賃金で不動産投資が可能なオープンエンド型の不動産投資信託(=「Offene Immobilienfonds」、以下「投信」と略す)が個人投資家の間で人気を集めている。

そこで、本稿ではこの投信の現状について紹介することとしたい。

このレポートの関連カテゴリ

木田 達也

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【西独のオープンエンド型不動産投資信託につい】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

西独のオープンエンド型不動産投資信託についのレポート Topへ