1990年11月01日

冷戦後の世界経済

  インタビュー先:フレッド・バーグステン
  インタビュアー:熊坂 有三

文字サイズ

■見出し

1冷戦後の世界経済.
2.ウルグアイラウンド
3.日米構造協議(SII)

■introduction

ソ連のペレストロイカに始まる東西冷戦構造の終焉により、世界経済は“平和の配当”を享受するかにみえたが、イラクのクウェート侵入により再び混迷の時代に入ったようにも思える。このようは時代にあっては、短期的な視点ではなく、現在の状況を歴史的な観点から見据えることが必要とされよう。

そこで、ニッセイ基礎研究所では、ソ連・東欧の変化が世界経済にどのような影響を与えるのか、また、日本はどのような役割が期待されているのか、ガット・ウルグアイラウンド、SIIの行方等について国際経済研究所(IIE)のフレッド・パーグステン所長にインタビューを行った。

(文中、Bはバーグステン所長、Kは熊坂の発言を指す)

このレポートの関連カテゴリ

インタビュー先:フレッド・バーグステン

インタビュアー:熊坂 有三

レポート

アクセスランキング

【冷戦後の世界経済】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

冷戦後の世界経済のレポート Topへ