1990年05月01日

フランスの新貯蓄奨励制度について

  中田 尚哉

保険・年金・社会保障経済・金融・不動産暮らし・高齢社会経営・ビジネス などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■見出し

はじめに
1.PEPの仕組み
2.PEP導入の背景
おわりに

■introduction

'90年1月よりフランスでPEP(=PLAN D'EPARGNE POPULAIRE)という一般大衆向けの貯蓄奨励制度が開始された。PEPの人気は予想を大きく上回り、その残高は'90年末の目標金額であった100億フラン(=約2千500億円)を既に2月で突破した。今や年度末残高は少なくとも400億~500億フラン(=約1兆~1兆2千500億円)に達すると言われている。

PEPの資金を巡り、現在、各金融機関が激しい販売競争を展開しているが、当レポートにおいてはこの新貯蓄奨励制度に焦点を当て、その仕組みと導入の背景について報告することとしたい。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

中田 尚哉

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【フランスの新貯蓄奨励制度について】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

フランスの新貯蓄奨励制度についてのレポート Topへ