1989年09月01日

EC統合と欧州保険業界

  倉田 久

文字サイズ

■見出し

1.はじめに
2.保険業務に関するEC統合の動き
3.設立の自由化
4.役務提供の自由化
5.EC統合が欧州保険業界に及ぼす影響
6.おわりに

■はじめに

ヨーロッパでは1992年末を目標に、EC統合が進行している。

EC統合は、EC域内における人、物、サービス、資本の移動に関する制限を撤廃し、共通の市場を作り、域内の経済の活性化を目指すものである。統合が実現すると、人口3億3千万人、名目国内総生産5.4兆ドルの巨大な市場が創設されることになる。

これにあわせ、金融関連業務についても銀行、保検、証券の各業務ごとに市場の統合を目指した条件整備、各国間の規制の調整が進められている。

ここでは、保険業務に関する統合の動きと欧州保険業界の対応について見ることとする。

このレポートの関連カテゴリ

倉田 久

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【EC統合と欧州保険業界】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

EC統合と欧州保険業界のレポート Topへ