1989年04月01日

飛躍の時代を迎えたアジア株式市場

  大前 博

保険・年金・社会保障経済・金融・不動産暮らし・高齢社会経営・ビジネス などの記事に関心のあるあなたへ

btn-mag-b.png
基礎研 Report Head Lineではそんなあなたにおすすめのメルマガ配信中!
各種レポート配信をメールでお知らせするので読み逃しを防ぎます!

ご登録はこちら

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

文字サイズ

■見出し

1.大暴落から急回復を遂げた'88年
2.各国マーケットの現況と特色
3.今後の展望

■introduction

NIES(韓国・台湾・シンガポール・香港)ASEAN(マレーシア・タイ・インドネシア・フィリピン)諸国は、近時、比較的安定した政治体制、インフラストラクチャーの整備、各国の対外開放努力等が相まって、海外からの企業進出を活発化させており、順調な経済成長を遂げている。巷間「アジアの時代」と呼ばれる所以である。

その中で、アジア各国の株式市場も注目を浴びており、総じて先進マーケットを上回る高いパフォーマンスを上げている。

本稿では、アジア各国の株式市場を主として海外の投資家の立場から紹介をしてみる。

twitter Facebook g+ このエントリーをはてなブックマークに追加 Pocketで後で読む

このレポートの関連カテゴリ

大前 博

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【飛躍の時代を迎えたアジア株式市場】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

飛躍の時代を迎えたアジア株式市場のレポート Topへ