1988年10月01日

市場開放の進む韓国生保業界

  倉田 久

文字サイズ

■見出し

1.韓国生保業界の概況
2.韓国生保市場の自由化の動き

■introduction

韓国生保業界にあっては、長いこと財閥系生保会社を中心とする6社体制が続いてきたが、米国からの市場開放要求を背景として、'87年より米国会社3社(うち1社は準備中)が参入する一方、国内でも、地方を基盤とする生命保険会社4社が設立される等、生保会社の新規設立ラッシュを迎えている。また、業界全体の業績を見ても、'82年から'87年の5年間で、新契約高が2.3倍に増えるなど、極めて順調に推移している。

ここでは、韓国生保業界の概況と最近の動向について、概観することとする。

このレポートの関連カテゴリ

倉田 久

研究・専門分野

レポート

アクセスランキング

【市場開放の進む韓国生保業界】【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

市場開放の進む韓国生保業界のレポート Topへ