パブリシティ

イベント(シンポジウムのご紹介)

1997年度

テーマ 21世紀に向かうアジア太平洋地域と日米中関係
日時 1997年10月
場所
基調講演者
行天 豊雄氏 国際通貨研究所 理事長
パネリスト
行天 豊雄氏長  
小島 朋之氏 慶応義塾大学 総合政策学部教授
小池 洋次氏 日本経済新聞社 論説委員

過去の実績一覧

書籍出版

  • THE FUTURE OF WELFARE STATE IN EAST ASIA
    THE FUTURE OF WELFARE STATE IN EAST ASIA
    著者:
     
    出版社:
    Edited by Naomi Miyazato
    発行年月:
    2018年03月
    定価:
    ¥4,200(税抜き)
    研究員:
    金 明中 生活研究部

    ※当研究所 金 明中が、第2章「The Current Status of the Earned Income Tax Credit in Korea and the Implication to Japan: Earned Income Tax Credit or Reduced Tax Rate?」を執筆。


    社会保障・社会福祉制度は、近代社会・産業資本主義社会の発展により必要とされるようになったものであり、その進展と密接に関連している。東アジアでは、急激な近代化・産業化による地域間の不平等、また急速に進む少子高齢化が特徴として掲げられる。また、社会福祉の担い手として、地域社会、家族への依存も高い。本書は、日本を含め韓国、中国、台湾を主な調査対象とし、東アジアにおける持続可能で効率的な社会保障・福祉制度を考察する。

  • 図解入門 よくわかる 最新 年金の傾向と対策
    図解入門 よくわかる 最新 年金の傾向と対策
    著者:
    ニッセイ基礎研究所 年金総合リサーチセンター(著)
    出版社:
    秀和システム
    発行年月:
    2018年02月
    定価:
    ¥1,300(税抜き)
    研究員:
    德島 勝幸 金融研究部
    中嶋 邦夫 保険研究部
    安井 義浩 保険研究部
     

    ※当研究所、中村亮一・德島勝幸・中嶋邦夫・安井義浩が執筆。


    老後の生活は、誰もが不安に思っています。その原因は、年金制度が複雑で直観的に理解することが難しいからです。本書は、老後の所得に不安を抱いているあなたのために、公的年金制度の基礎から老後のための資産運用まで最新の情報を図解でわかりやすく解説した入門書です。公的年金制度の仕組みや、年金額の確認方法、働き方で変わる加入タイプ、投資による資産運用、NISAやiDeCoで資産形成など、年金と運用のすべてがわかります!

  • マイナス金利と年金運用
    マイナス金利と年金運用
    著者:
    宮井 博/鈴木 誠/米澤 康博/山本 零/柳瀬 典由/徳島 勝幸/大野 早苗(著)
    出版社:
    きんざい
    発行年月:
    2017年12月
    定価:
    ¥2,000(税抜き)
    研究員:
    德島 勝幸 金融研究部

    ※当研究所の德島勝幸が、第6章「マイナス金利による債券市場のゆがみと円金利資産投資への影響 」を執筆。


    マイナス金利下での年金運用のあるべき姿を提言!

    日本の確定給付型の企業年金は、一定の年金額を従業員に対して約束している。したがって、企業・従業員が支払う掛金を積み立てた年金資産はその負債を上回るように運用されなければならない。低金利環境の継続、マイナス金利への移行は、確定給付型の企業年金の運営に対して深刻な問題を突き付けている。

    本書では、日本の企業年金制度の現状、企業年金財政の現状、海外におけるマイナス金利化に伴う年金資産運用の変化、ファイナンス理論に基づいた年金財政の運営モデルの提示、マイナス金利下での資産構成割合に応じた年金財政のシミュレーション、母体企業の経営者の行動についての実証研究、マイナス金利政策による日本の債券市場の変化といった論点が幅広く取り上げられている。

    さらに、マイナス金利への対応として広がった円債からヘッジ付き外債投資へのシフトについては、とくに米ドルと日本円の間において、理論的には内外金利差によって規定されるはずのヘッジコストが実際には金利平価よりも高止まりしているという事実に注目し、その要因を統計的な手法を用いて分析している。日本の企業年金の現在および将来の姿を知りたい人にとって必読の文献である。

書籍出版一覧

新聞掲載

掲載日 媒体 タイトル 執筆者
2018年
04月21日
日本経済新聞 朝刊 19面 老後資金に自宅活用 「リースバック」登場 契約は有期、更新ないことも 金融研究部
佐久間 誠
2018年
04月20日
中国新聞SELECT 朝刊 オフィスビル市場活況 都心空室率 10年ぶり低水準 快適空間 人材確保狙う 金融研究部
佐久間 誠
2018年
04月20日
東奥日報 朝刊 2面 競争激化する市場 オフィスビル 人材確保へ快適空間創出 金融研究部
佐久間 誠

新聞掲載一覧

雑誌等掲載

掲載日 媒体 タイトル 執筆者
2018年
04月25日
生産性新聞 7面 2018年 春闘から見た課題(3) 賃上げ率「3%」は通過点、目指すべきは「4%」 経済研究部
斎藤 太郎
2018年
05月号
人事実務 4P 雇用データを読む 第14回 「急増する外国人労働者」 経済研究部
斎藤 太郎
2018年
05月01・08日合併号
週刊エコノミスト 104P 米国GDP(4月27日) 個人消費の鈍化から成長率低下 経済研究部
窪谷 浩

雑誌等掲載一覧

講演・学会報告

講演日 タイトル 主催 講演者
2018年
04月14日
2018年度第2回東京研究会 「2018年度改定から見える医療・介護制度の論点と課題」 大阪大学医療経済・経営学寄附講座 保険研究部
三原 岳
2018年
04月12日
機関投資家向けセミナー 「イタリア選挙後の欧州政治経済展望」 野村證券 経済研究部
伊藤 さゆり
2018年
04月07日
リアル・マーケット・アナライズ2018 in 岐阜 BS12 Twellv 「マーケット・アナライズ plus+」 総合政策研究部
矢嶋 康次

講演・学会報告一覧

TV出演

放送日 番組名 内容 出演者
2018年
04月23日
テレビ東京 「Newsモーニングサテライト」 コメンテーター 【プロの眼】日米首脳会談 その先に見えるもの 総合政策研究部
矢嶋 康次
2018年
04月21日
テレビ埼玉 「埼玉ビジネスウォッチ」 ひとり暮らしの若者の家電事情 生活研究部
久我 尚子
2018年
04月18日
日経CNBC 「昼エクスプレス」 今こそ聞きたい!ファンダメンタルズ分析:ROE 金融研究部
井出 真吾

TV出演一覧

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る