社長挨拶

ニッセイ基礎研究所は、日本生命創業100周年事業として1988年7月に設立されました。

日本生命のシンクタンクとして、これまで経済・金融・財政をはじめ、保険・年金・社会保障、医療・介護・ヘルスケア、資産運用、不動産、経営・ビジネス、暮らし、芸術、高齢社会といったさまざまな研究領域において、時代の流れをとらえる具体的かつ現実的な提言を行ってまいりました。

日本経済は少子高齢化・人口減少が進むなかで、かつて経験したことのない転換点を迎えています。労働力不足への対応、財政赤字の解消、持続可能な社会保障制度の構築、規制緩和やイノベーションによる成長戦略、そして激変する社会環境下での個人の生活や生きがいの模索など中長期的に取り組むべき課題は山積しています。

このような大きな変化の中でこそ、時代の本質を見抜く調査・研究と問題解決型の情報発信の必要性が益々高まっているものと考えます。

当研究所は、基礎的かつ長期的な視点で調査・研究を行うとともに、スピード感をもってWEB・刊行物・書籍などのツールを通じて直面する課題を解決するための指針となる確かな情報を提供し、日本経済の発展と安心できる社会・生活の実現に貢献してまいりたいと考えております。

greeting_img03.jpg greeting_img04.jpg

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る